Facebookで初めて繋がった方々へ・・(2015年投稿文)

初めまして。漢方専門薬剤師、国際中医師の結城奈美枝です。

みなさんも気になりますよね?この毎日の満面の微笑み・・・

なぜFacebookに「笑顔の投稿」をしているのかと言うと・・・

  

 

実は2013年の離婚時に、突然子どもたちと一方的にひきさかれていまして、

最後の話も何もできず、上の子どもから突然置き手紙が・・

 

最初はそれでも携帯などで連絡が取れるものと悠長に考えていたのですが、

そのまま連絡不通となり、

夏になって突然、弁護士さんを通して子どもから「お母さんに会いたい」との連絡が・・

そのときに初めて、子どもたちと自分の置かれている立場に気がついたのです!
  
  

もちろん私もすぐに会いたいと伝えてもらったのですが、またもや一本の望みさえ、一方的に相手からたち切られてしまいました

・・・一時は子どもたちのことを偲び、身を引き裂かれる想いでしたが、

私がラッキーだったのは、まるでひきよせたかのように次から次に、偶然同じ立場の方々とお会いできたことです

 

 

 

世の中には片方の親の感情的な行動により、「子どもの人権」が無視されているとも取れるような、私と同じような状況の発生は

統計のひとつによると、離婚したご夫婦の約半分にものぼるそうです・・

  
 

いろいろな方たちからアドバイスいただいたのは、

この時代であれば、捨てられてしまうかもしれない手紙や、監視されているメールより

Facebookで自由に見ることのできる「元気でがんばってる母の姿をアップすること」」で変わらぬ愛を伝えていくように、

そして何よりも「親としてのやりきれない気持ちの整理のためにも」と・・・
  
  

私は相手への恨みつらみではなく、笑顔でこの厳しい状況をのりこえようと固く心に決めています!!

そしてそれが何よりも、あともう少しで大人になる子どもたちへの

「最後の親としてのメッセージ」となり、「愛情の伝え方」だと思うから・・!!

・・・・

 

 

 

最後に「子どもからの最後の手紙」をここに公開します。

そしてみなさんに、いつかハッピーエンドをお届けできることを夢見て、再起業との両立を引き続きがんばっていきます

 

アクティヴウーマンのための【薬膳サプリ】
パワーアンチエイジングショップ

働く女性、時間のない女性のための お手軽な医療者厳選のオンラインショップです

前の記事目の疲れにハリ
国際中医師、漢方薬剤師(臨床経験30年以上)、鍼灸国家資格保持者(中国留学経験)、あんま指圧マッサージ師(フランス指導経験)、アロマアドバイザー、心理カウンセラー資格保持者