鍼灸師のまつじゅんです。

 

「お灸を据える」というと

悪いことをした人に対するお仕置き

というイメージがありますよね。

 

「疳の虫」持ちの子どもに対して

「お灸を据える」というあたりから

この辺のイメージが作られてるかな、と思うのですが。

※疳の虫

乳児の異常行動(特に夜泣き、癇癪、ひきつけ)を指す俗称。

 

 

そもそも、この灸療法が日本で盛んに行われていた頃

「疳の虫」は子供が癇癪を起して暴れる

……のではなく、「疳の虫」という虫が悪さをして

子どもの機嫌を悪くさせている

つまり「虫による」病気と考えられていたわけです。

 

その病気の治療法として、お灸を据えていたわけですね。

決して、お灸を据えられてツラかったから

子どもが癇癪をおこさなくなる、という体罰的な発想では

なかったわけです。

 

実は、徳川幕府の開祖・神君 家康公も

二代将軍秀忠の夫人に

「長男(家光)を差し置いて次男を可愛がっているようだけど

虫気の病(疳の虫)を放っておかず、ちゃんとお灸で治療させなさい。

この病を放っておくと、後々次男としての立場を弁えずに大変なことになるぞ」(超意訳)

として、手紙を送っているんだとか。

※この話は2019年の社会鍼灸学研究会で取り扱われた

『神君御文』の一部分を引用・超意訳したものです。

色々と細かい部分が違ぇ! というツッコミはご勘弁を(^^;

 

江戸の昔から、「疳の虫」という、西洋医学では名前のつかない病に

東洋医学が何か答えを出そうとしてきた流れが、垣間見える話かと思います。

……と、話が逸れました。

お灸ダイスキな私としては、もちろん背中へのお灸治療をオススメしたいのですが

お灸以外にも、子供のストレス緩和にオススメな治療法があります。

 

この動画では、ローラー鍼(しん)という道具を

ご紹介しています。

 

肌の表面をコロコロと刺激されると不思議なリラックス効果が

得られますよ。

興味がわいた方は、一度お試しください!

 

他にも健康に役立つ豆知識や

鍼灸施術に関するアレやコレやを

薬局YouTubeチャンネルで紹介しています。

ぜひ一度、ご視聴くださいませ!

 

 

漢方コミュニケーションズのチャンネルはこちらから♫

https://www.youtube.com/channel/UC3dWlQqyzrFCjWLaWkHqtzQ/videos