鍼灸師のまつじゅんです。

 

前回のブログで

「足三里」にお灸して免疫アップ!

と書いておきながら

「足三里ってドコ?」

「ていうか足三里ってそもそも何?」

というごもっともなツッコミを多数(含む自分)

いただきましたので

今回は「足三里って、何?」という解説を(^^;

 

「足三里」とは、ツボの名前です。

正しくは経穴と呼びますが、コチラでは

「ツボ」としておきます。

このツボは、鍼灸師が治療の際に使う

カラダの反応点のことです。

 

「肩が凝ってるナ」という時に

人に押してもらうと「ア~、ソコソコ!」と

言いたくなるようなポイントがありますよね。

 

そういった身体の表面に現れる

気持ち良かったり、飛び上がるほど痛かったりする

反応が現れている点のことだと思ってください。

 

こういった人形(鍼灸院に置いてあるやつ)に

書かれている、こういう点がソレです。

 

このツボは、日本ローカルのもの……ではなく

WHO(世界保健機構)でも規定されていまして

その数361!

 

WHOの規定に含まれていないものや

名前がついていないものもありますので

実際のツボの数はどれくらになるのか検討もつきません。

 

前回、紹介したのは

そんな全身に存在する反応点の1つ

「足三里」なワケです。(前置き長っ)

 

健脚効果や、消化活動促進は前回紹介した通りですが

南アフリカでは、この「足三里」にお灸をすることで

結核治療を行っているのです!

その活動については下記のリンクからご確認いただけます。

興味のある方は、ぜひご一読くださいませ。

https://www.moxafrica-japan.com/

 

さて、肝心の「足三里」の場所ですが

(足ph:齋藤樹)

この膝のお皿下のくぼみから、指4本分の

位置にあるのが足三里です。

前脛骨筋という、足の関節を背屈(つま先を持ち上げる)動作に

関わる筋肉の上に存在しています。

その位置関係から言っても

脚が疲れてつま先が上がらなくなる

といった前脛骨筋の疲労に効きそうですよね。

 

走る前や走った後の足の疲労回復に。

胃腸の働きが鈍く、もたれやすい人に。

そして、鍼灸は自律神経のバランスを整える働きがあるので

グッスリ眠りたい時にもオススメです。

 

youtube.com/watch?v=yYZUSKRkj2E

というワケで、2回にわたって

ご紹介してきました、足三里のお灸。

興味がわいた方は、一度お試しください!

 

他にも健康に役立つ豆知識や

鍼灸施術に関するアレやコレやを

薬局YouTubeチャンネルで紹介しています。

ぜひ一度、ご視聴くださいませ!

 

 

漢方コミュニケーションズのチャンネルはこちらから♫

https://www.youtube.com/channel/UC3dWlQqyzrFCjWLaWkHqtzQ/videos