足をケガされたお客様の

後遺症が残らないように、と
まつじゅんさんがここのところしばらくハリやお灸をして差し上げていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(右から二番目の松下淳先生)

 

「まつじゅんさんのお灸のおかげでケガのあとすごく早く良くなっちゃったんだよ。

どうしてみんなこういうこと(ケガの後遺症にハリやお灸がいいこと)を知らないんだろう。」
とお客様・・

 

「お金がかかるから、お金かけたくないんじゃないですか?」と、とうちのスタッフ。(うちの鍼灸院は保険が使えないので)

「でもさ、自分の身体のことでしょう?」とお客様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あなたのように自分の身体に自分のお金をかけられる人って、

実は、まわりの人のことをも大事にできる人なんです・・。

あなたは優しくて、普段からたくさん人のために動いてるじゃないですか・・・。」と私・・

 

 

「・・・あなたたちに会えたことが嬉しいです。」と、しみじみとお客様・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ブログでも何度も話していますが、
私のお客様で浮浪者の人が16年間私から漢方を自費で買ってくれていました。

逆にブランド物で身を包んでいても、
「治療を自費で受けるなんて、高い。」と、足を引きずっている人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっちゃけ、保険で「人様のお金を使っている」意識なんて、今の日本の人は、ほとんど持っていないですよね??

自分のことで使う保険の7割は、人の汗水流して働いた人様のお金(税金)を使ってる意識なんて・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「安いからそれでいい。」
と、目の前のことだけに振り回されないように私は生活しています。

 

 

 

・・・また、自分の中で大事なものは
「自分の健康と自分のすぐそばにいる人たち。」で、一貫しています。

マスクやトイレットペーパーが大事なんじゃない・・・!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(フランスの田舎に行ったアスカなんて、トイレをまず掘るとこから始めたって言うし・・笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういった、普段から自給自足で自分の幸せ力と免疫を上げる生活の仕方が、
今のようなコロナ情報に振り回されない秘訣かな・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(「仕事終わりにプーさんを発見しました!!ʕ•ᴥ•ʔ
周りの人に恵まれすぎております🐼✨」)

↑↑↑
いつも頑張っているみきちゃん先生の投稿。

私の方がこういう時にこそ、そばで支えてくれるスタッフたちに感謝です・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方コミュニケーションズ
漢方薬剤師
結城奈美枝

 

 

 

 

 

 

 

※水にも空気にも普段から気を使ってきました。
マスクは5年前から自分のために買い置きしてますし、

空気も2年前からマイナスイオンのものでクリアにしているので
ウイルスも怖くない

 

→マイナスイオン生成機のお問い合わせはアップドラフト関東さんまで

https://updraft-kanto.com/